微熱を病院で

 

 

微熱を病院で治すには何科を受診すれば良いの?

「微熱を病院で治すには何科を受診すれば良いの?」という疑問を抱ええている方がいらっしゃいます。

 

微熱が引き起こされている原因にもよって異なるので、これは一概には説明できませんが、身体がだるくて具合が悪いのであれば内科を受診するのがベストです。

 

内科で検査を受ければ、どのような原因で微熱が続いているのか分かりますし、身体に潜んでいる他の病気の発見にも繋がります。

 

しかし、場合によっては自律神経失調症といった心の病気が原因で、微熱が続いているというケースも考えられるので、精神科や心療内科といった病院で治療を受けるのも選択肢の一つです。

 

血液検査やレントゲンで原因が見当たらない場合、心の負担が原因で微熱が続いていることが多いので、その病気を診てくれる精神科や心療内科といった病院を受診すれば問題はないでしょう。

 

もし、微熱以外にも様々な症状が自分を襲っており、何科を受診すれば分からないのであれば、大きな総合病院へと足を運ぶべきです。


病院で行われている微熱の検査について

微熱かどうか知るためには、自宅で体温計を使って測るのが普通で、個人の平熱によって異なるものの、37℃〜38℃程度まで上昇していれば微熱だと判断できます。

 

ストレスが原因となって引き起こされている心因性発熱の可能性はありますが、頭がボーっとしたり倦怠感が続いたりという方は、風邪による影響だと考えるべきです。

 

しかし、何かしらの病気が引き金となり、自分の身体に微熱が生じていることも十分にあるので、病院で検査を受けた方が良い場合もあります。

 

画像検査や血液検査が病院では実施されており、器質的な疾患がないかどうか調べ、身体的な異常が見当たらないという際は、ストレスが起因となって発生する心因性発熱の可能性が高くなるでしょう。


微熱は病院で薬を貰った方が良いの?

「微熱の時は病院で薬を貰った方が良いの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、微熱があるだけで病院を受診するのは恥ずかしいですし、市販の薬の服用で何とか凌げることもあるはずです。

 

とは言え、高齢者の方や生活習慣の乱れで身体の抵抗力が弱まっているという方は、肺炎や白血病といった病気の可能性があります。

 

身体に引き起こされている病気の判断は素人では困難なので、薬を処方してもらうにしても別の治療を受けるにしても、何かしらの不安がある方は念のために病院で診察を受けるべきなのです。

 

 

 

 


「微熱を病院で」に関するページ