微熱と膀胱炎

 

 

微熱と膀胱炎について

大腸菌といったウイルスが原因で膀胱に炎症が生じる病気を膀胱炎と呼び、身体の構造からして、男性よりも女性が患いやすいという特徴があります。

 

女性は一生に一度は膀胱炎を患うとも考えられており、頻尿や残尿感といった不快な症状に加えて、微熱が続きやすいのも大きな特徴です。

 

膀胱炎が原因で高熱を帯びるというケースは基本的に少なく、37.3℃程度の微熱が続き、腰痛や関節痛といった風邪と似たような症状が引き起こされることもあります。

 

とは言え、膀胱の辺りに強い痛みを感じることもあるので、膀胱炎を患えば通常の風邪の症状とは異なることが直ぐに分かるでしょう。

 

一口に膀胱炎と言っても、色々な種類があり、その中でも患う方が多いのが急性膀胱炎で、肛門や膣などに棲み付いているウイルスが尿道を通り、膀胱内に侵入することで炎症を引き起こして発症します。

 

健康な状態であれば細菌が何かしらの形で侵入したとしても、排尿によって体外に排出されるというケースが多いので、全ての方が膀胱炎を患うわけではないのです。

 

しかし、精神的なストレスを抱え込んでいたり、無理なダイエットや疲労の蓄積で体力を消耗したりしていると、知らず知らずのうちに免疫力や抵抗力が下がり、ウイルスが増殖して急性膀胱炎を患いやすいので注意しなければなりません。

 

微熱が続くという症状に加え、1日に10回以上に渡ってトイレに行きたくなったり、排尿後の強い痛みとともに血尿が出たりした場合は、高確率で急性膀胱炎を患っているはずなので、早めに病院で治療を受ける必要があります。

 

医師の指示に従って抗生物質や抗菌剤を服用していれば、1週間から2週間程度で完治しますが、微熱ではなく高熱が出た場合は腎盂腎炎の可能性があり、入院しなければならないのです。

 

一方で、何かしらの基礎疾患が引き金となり、細菌が膀胱内に侵入して粘膜に炎症を引き起こす病気が慢性膀胱炎で、症状は軽いものの治療に長い時間を要するという特徴があります。

 

症状が軽いといっても微熱に加えて、「排尿してもスッキリとしない」「排尿時に痛みを感じる」「残尿感がある」という状態に陥るので、ただの風邪ではないと直ぐに分かるはずです。

 

急性膀胱炎と同じように、医師から処方された抗生物質や抗菌剤といった医薬品を用いて治療していくのですが、長い期間に渡るケースが多いので、根気良く治療していかなければなりません。

 

以上のような膀胱炎を長い期間に渡って放置していると、腎盂腎炎や腎臓への感染が起こり、更に治りにくくなるかもしれないので、早めにお近くの泌尿器科で診療を受けてください。

 

 

 

 


「微熱と病気」に関するページ