微熱と蓄膿症

 

 

微熱と蓄膿症について

鼻の粘膜がウイルスに感染し、炎症を引き起こして粘り気のある黄色い鼻水や鼻づまりといった症状が生じる病気を蓄膿症と呼び、微熱や頭痛、集中力の低下の原因となります。

 

蓄膿症の原因は人によって異なるものの、風邪の延長から発症するという方が意外と多く、風邪が治らず鼻に違和感があるのにも関わらず、放置していると微熱が出たり鼻水が止まらなくなったりするのです。

 

蓄膿症が原因で微熱が生じている場合、解熱剤を服用しても症状が改善されないという特徴があり、病院で薬を処方してもらって対処しなければなりません。

 

発熱の症状に関しては個人差があり、微熱の状態がダラダラと続く方がいれば、高熱を帯びるというケースも十分にあり得ます。

 

微熱だけが続いているという状態であれば、ただの風邪の可能性が高いのですが、黄色い鼻水が出たりいつまでも体調の悪化が続いているという場合は、蓄膿症を疑った方が良いというわけです。

 

ただの風邪やインフルエンザでも、鼻水が出たり鼻づまりが引き起こされたりするため、蓄膿症と区別がつかないことはあります。

 

そこで、「ネバーっとした鼻水が出る」「喉がヒリヒリ痛む」「倦怠感があり気分が優れない」「食事の味が分からない」「疲れを感じやすい」という方は蓄膿症かもしれないので、微熱が続いたら内科を受診するのではなく、耳鼻科を受診した方が良いのです。

 

蓄膿症は重大な病気というわけではないものの、放置していても良くなるとは限りませんし、微熱や頭痛といった不快な症状が長引くことが多いので、専門医の診察を受けた方が良いと言えるでしょう。

 

耳鼻科で行われている蓄膿症の治療としては、抗生物質や炎症止めの薬の処方が一般的となっており、鼻から直接吸入する形となっております。

 

医師の指示に従って薬を服用していれば、だんだんと蓄膿症の症状は和らいでいきますし、鼻水が出なくなれば微熱や頭痛といった症状も和らぐはずです。

 

しかし、症状が改善された状態で、「もう治ったから大丈夫」と油断する方がいらっしゃいますが、完治しないまま治療を止めると、何度も繰り返し蓄膿症を患うことになるので注意しなければなりません。

 

そして、薬による効果がそこまで感じられないのであれば、鼻うがいなどで鼻の中を洗浄し、鼻の通りを良くするという対策がおすすめです。

 

鼻の通りが良くなれば呼吸しやすくなって快適ですし、より薬の効果が高まるので、生理食塩水を使った鼻うがいは適した方法だと言えるでしょう。

 

野菜不足といった食生活の乱れや、血行不良で冷え性を患っている方は蓄膿症を患いやすいので、風邪の予防という面でも生活習慣を見直してみてください。

 

 

 

 


「微熱と病気」に関するページ