微熱と腸炎

 

 

微熱と腸炎について

ウイルスによる感染性腸炎を発症した場合、微熱や発熱といった症状が引き起こされやすく、同時に下痢や吐き気といった症状を伴います。

 

場合によっては嘔吐するケースもあり、日常生活に支障を来たすことが多いので、感染性腸炎は怖い病気の一つなのです。

 

感染性腸炎の原因は食べ物や飲み物を通して病原体が体内に侵入することで、食中毒のようなものだと考えると分かりやすいかもしれません。

 

その病原菌は、ここ最近で話題となったノロウイルスや病原性大腸菌、カンピロバクターやサルモネラなど様々で、ペットや人から感染することもあります。

 

基本的に38℃以下の微熱が引き起こされ、高熱を帯びるということはないですし、自然治癒傾向があるため不快な症状が長く続くことは少ないものの、下痢や吐き気は長期間に渡って継続するかもしれないので、病院での治療が欠かせないというわけです。

 

病院を受診して診察が終わった後、そこまで症状が進行していなければ抗生物質が処方され、下痢や嘔吐で脱水症状を引き起こしている場合は点滴を打ちます。

 

腸管出血性大腸菌O-157が原因で感染性腸炎を患っている場合、症状が重症化することも十分にあり得るので、個人の病状によっては入院も考えなければならないでしょう。

 

自宅で療養している場合、下痢が酷いということで下痢止めを服用しようとする方がいらっしゃいますが、排便という行為は体内の老廃物や毒素を排出するために欠かせないのです。

 

そのため、自分の判断で下剤は飲まない方が良いですし、同時に嘔吐が酷いのであれば体内の水分が失われて脱水症状を引き起こすかもしれないので、適度な水分補給が欠かせないと言えます。

 

このように、微熱以外にも、激しい嘔吐や下痢といった症状が引き起こされたら、細菌が原因の感染性腸炎かもしれないので、早めに病院で診察しなければなりません。

 

とにもかくにも、この病気は普段の生活で予防が可能となっており、手洗いうがいをしっかりと心掛けて細菌の感染経路を経つことが重要となります。

 

身近に感染者がいる場合、嘔吐物や排泄物から感染するケースもあるので、食べ物や飲み物を口の中に入れる際は気を配らなければならないというわけです。

 

病原体の感染による急性腸炎と、原因不明の慢性腸炎の2種類に分けられますが、どちらにしても自宅での療養には限界があるので、病院で適切な治療を受ける必要があります。

 

検査の方法も非常に簡単なので、不可解な症状が引き起こされたら直ぐに病院を受診するようにしてください。

 

 

 

 


「微熱と病気」に関するページ