微熱と逆流性食道炎

 

 

微熱と逆流性食道炎について

微熱だけであれば生理的な現象として引き起こされることがありますし、安静にしておけば医薬品を服用しなくても基本的には熱は下がります。

 

しかし、微熱が長期間に渡って続く場合は病気の可能性があり、逆流性食道炎はその一つです。

 

胃と食道の繋ぎ目部分の機能の衰えにより、胃酸が食道に逆流する病気が逆流性食道炎で、テレビでも耳にする機会が多いということで知っている人は多いかもしれません。

 

「微熱と逆流性食道炎には特に関係性がない」という意見もありますが、食事をした際に苦しい気分になるケースが多くなっております。

 

胸焼けは逆流性食道炎の代表的な症状の一つですし、日常生活に支障が出ることもあり、ストレスによって発熱して微熱が続いていると考えられるのです。

 

微熱だけであれば精神的なストレスや軽い風邪が考えられるものの、胸焼けや胃酸が口の方に上がってくる感じを訴えている方は逆流性食道炎を疑った方が良いでしょう。

 

「逆流性食道炎を引き起こしているのかどうか分からない」という人は、下記を参照してみてください。

 

 

・胸焼けがする

・お腹が張ったような感じになる

・食後に胃が苦しいと感じる

・手の平で胸の辺りをさすることが多い

・胸の痛みを感じることが多い

・胃酸や酸っぱい液が口の方に上がってくる

・唾を飲み込む動作をすると喉につかえる感じがする

・炭酸を飲んでいないのにゲップが良く出る

・食事の途中で満腹になる

・脂っこい食べ物を食べると症状が酷くなる

・喉にチクチク感やイガイガ感を覚える

 

 

確実に病気を発症しているとは言い切れないものの、上記の項目に当てはまる数が多いという人は逆流性食道炎だと考えられます。

 

胸焼けや吐き気が酷いのであれば逆流性食道炎の可能性は高いですし、微熱も出ているのであれば早めに病院を受診して専門医の指示に従って治療しなければならないのです。

 

「逆流性食道炎は大きな病気ではない」ということで、放置している人は少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、自然には治りにくい病気ですし、潰瘍や食道がんの原因に繋がるケースもあるため、早めに処置を施さなければならないということはお分かり頂けるはずです。

 

また、病院へと受診する時間がないという人のために、インターネットでは逆流性食道炎を改善するサプリメントやプログラムが販売されております。

 

慢性胃炎の症状も和らげる「胃ークリーンプログラム」や、専門のアドバイザーが全面的に執筆している「逆流性食道炎改善プログラム」が有名なので、是非一度試してみてください。

 

 

 

 


「微熱と病気」に関するページ