微熱と過敏性腸症候群の関係性

 

 

過敏性腸症候群とはどのような症状?

近年では年齢に関わらず、過敏性腸症候群で悩まされる方が増えました。

 

文字で分かる通り腸に異常が引き起こされる病気を指し、過敏性腸症候群を発症してどのような症状が出るのか見ていきましょう。

 

 

・腹痛を伴う便秘や下痢といった症状で悩まされる

・単なる下痢や便秘ではなく繰り返し生じる

・お腹の中にガスが溜まって膨満感を訴える

 

 

このように下痢と便秘を交互に繰り返すのが過敏性腸症候群の最大の特徴で、主に精神的なストレスが原因だと考えられています。

 

「ストレスは万病の元」という考え方は決して間違いではなく、身体的にも様々な弊害があるので早めに対処しなければなりません。


微熱と過敏性腸症候群に関係性はある?

過敏性腸症候群を発症し、微熱の症状を訴えている方もいることが分かりました。

 

必ずしも過敏性腸症候群が引き金とは限りませんし、個人の体質によって異なるので一概には説明できません。

 

しかし、微熱が出るのは恐らく自律神経が乱れているからではないかと考えられています。

 

 

@精神的なストレスが溜まっている人ほど過敏性腸症候群を発症しやすい

Aそれは発汗や血圧などの機能を保っている自律神経が乱れるのが原因

B自律神経は交感神経と副交感神経の2種類に分けられる

C交感神経が優位になると腸のぜん動運動に異常が生じる

D自律神経の乱れは同時に微熱が出やすくなる

E微熱と過敏性腸症候群が同時に引き起こされる

 

 

上記のようなメカニズムで両方の症状が同時に出ると想定でき、2つの症状に大きな関わりがあることがお分かり頂けるはずです。

 

もちろん、微熱は生理的に出るケースもあるので何とも言えませんが、同時に便秘が悪化したりガスが溜まってお腹が苦しくなったりしていれば過敏性腸症候群と考えた方が良いでしょう。

 

過敏性腸症候群を治療するに当たって様々な視点からの対策が必要となります。

 

・根本的な原因となるストレスを取り除くためにリフレッシュを心掛ける

・2種類の食物繊維が含まれた食べ物をバランス良く摂取する

・ブスコパンやセレキノンといった薬剤を服用する

 

医薬品を服用する際は自分の体質や症状に合っているか判断しなければならず、悪化を未然に予防するためにも市販薬ではなく医師や薬剤師の指示に従って処方してもらってください。

 

 

 

 


「微熱と病気」に関するページ