微熱とマイコプラズマ

 

 

微熱とマイコプラズマについて

37℃から38℃程度の微熱が続き、乾いた咳が繰り返したり、ゾクっとするような悪寒がしたりという症状が出た場合、多くの方は風邪が原因だと考えるはずです。

 

しかし、場合によってはマイコプラズマ肺炎という病気の可能性があり、これは呼吸器に様々な症状を発症する細菌感染症の一つとなっております。

 

マイコプラズマ細菌に感染したことが原因で引き起こされる病気で、4年おきに流行することからオリンピック熱とも名付けられ、1984年と1988年に大流行しました。

 

微熱が出たり悪寒がしたりと、風邪のような症状が引き起こされるので、マイコプラズマ肺炎を患っていたとしても気付かない場合はあります。

 

微熱だけでこの病気を疑う必要性は全くありませんが、微熱がいつまで経っても下がらなかったり、乾いた咳の後に湿った咳が出るという場合は要注意です。

 

それに、粘液性と膿性の中間の痰が出たり、針で刺されるような胸の痛みが生じたりする場合は、ただの風邪による体調不良ではなく、マイコプラズマ肺炎だと心得ておいた方が良いと説明できます。

 

正常な状態であればほとんど引き起こされない胸の激しい痛みがマイコプラズマ肺炎の最大の特徴で、咳や深呼吸で痛みが増すのですが、これは胸膜や気管支分岐部にまで炎症が進んでいるからです。

 

そもそも、マイコプラズマ肺炎の感染経路は、空気中に浮かんでいる細菌の飛沫感染と接触感染で、小さな部屋の中で流行するケースが多くなっております。

 

そして、おたふく風邪やみずぼうそうと同じように、一度感染すると体内で免疫ができるものの、それが長く持続しないので何度も再発を繰り返すところが非常に厄介かもしれません。

 

マイコプラズマ肺炎に限らず、クラミジア性の肺炎などにも言えることですが、重症化することで筋肉痛や耳痛、関節痛など全身の痛みに繋がるかもしれないので、病院できちんと治療を受けなければならないのです。

 

とは言え、マイコプラズマ肺炎の効果的な治療は特になく、基本的に自然治癒で回復を待つという対処がなされます。

 

そのため、治療期間は比較的長くなりやすいですし、痛みが増してくれば日常生活に支障が出ることもあるでしょう。

 

それでも、医師から処方された医薬品をきちんと服用し、自宅で水分補給を心掛けて安静に過ごしていれば、だんだんと症状は回復して微熱も下がっていきます。

 

マイコプラズマ肺炎に感染して潜伏してから発症までの1ヶ月の間に、他人へと感染させてしまうこともあるので、どのような生活を心掛ければ良いのか医師に尋ねてみてください。

 

 

 

 


「微熱と病気」に関するページ