微熱とエアコン

 

 

微熱とエアコンについて

現代では一家に一台はエアコンが家庭には置いてあるはずで、夏場はクーラーの使用で涼しくなりますし、冬場は暖房の使用で温めることができるため、便利な電化製品の一つとなっております。

 

しかし、エアコンの使用しすぎにより体調が悪化し、微熱といった症状が引き起こされる可能性があるので注意が必要です。

 

これは現代人特有のクーラー病と言われるもので、涼しい環境に慣れすぎたことが原因で自分の身体で体温調節が上手くできなくなり、微熱や頭痛といった症状が現れやすくなります。

 

特に、デスクワークをしている方は、一年中に渡ってエアコンの効いた部屋の中にいることもあり、自律神経の乱れによって体温調節機能がどんどん低下していくのです。

 

もちろん、暑い夏場や寒い冬場に一切のエアコンの使用を禁止するのは非現実的ですし、逆に体調不良で悩まされることがあるかもしれませんが、電化製品だけに頼った生活を送ると微熱や頭痛、場合によっては吐き気といった症状が引き起こされるかもしれません。

 

個人によって異なる症状に悩まされやすいですし、風邪ではなくクーラー病と呼ばれる現代病なので、日常生活での使い方を見直さなければならないというわけです。

 

暑いからといってエアコンの効いた部屋ばかりで過ごしていると、汗をかく機会が少なくなり、更に自律神経が乱れて微熱といった症状を訴えるようになるので、夏場でもたまには外に出て運動をすることが大事だと言えるでしょう。

 

また、毎年使用するエアコンの中を掃除せずに、一年中に渡って放置しているという方は多いかもしれませんが、これも微熱を中心とする体調不良を引き起こす大きな原因となっております。

 

エアコンの中では、私たちが想像する以上にカビやウイルスが大量発生しており、掃除をしていなければ風が吹くと同時に自分の身体に降りかかってしまうのです。

 

中でも、日本全域を中心にエアコンの中に発生しているのがトリコスポロン・クタネウムというカビの一種で、大量に吸い込みすぎているとアレルギー反応が生じて肺に炎症が生じます。

 

室内機の内部で繁殖しやすいという特徴があり、吸い込みすぎて夏型過敏性肺臓炎という病気を患うと、発熱や咳、呼吸困難といった風邪に似たような身体的な症状が引き起こされるのです。

 

毎日のようにエアコンの中を掃除するのは不可能なものの、夏型過敏性肺臓炎は放置して死に至る怖い病気なので、1ヶ月に1回は送風運転にした方が良いですし、自分で掃除をするのが面倒だという方は、業者にクリーニングを申し込んでみてください。

 

エリアによって異なるので一概には説明できませんが、6,000円〜20,000円程度の料金でエアコンクリーニングをしてくれる業者が多いはずです。

 

 

 

 


「微熱の原因」に関するページ