微熱とマッサージ

 

 

微熱とマッサージについて

整体で肩や腰といった部位のマッサージを受け、微熱が出たと感じている方は意外と多いようです。

 

「痛みを取り除く」「リラックス効果を促す」「ストレスを解消する」という目的でマッサージを受けているのにも関わらず、微熱が出てしまっては全く意味がありません。

 

確かに、マッサージは微熱を引き起こす原因の一つで、一般的にコリの酷い人ほど揉み返しなどで身体がだるくなったり発熱が生じたりします。

 

マッサージだけではなく、カイロプラクティックで施術を受けた後に微熱が出ると訴えている人もいらっしゃるようです。

 

これは施術者の腕が悪いというわけではありませんが、今施してもらっている処置が自分に合っていないと考えられます。

 

個人の体質によって違いが生じているので一概には説明できないものの、処置を受けた後に数日間に渡って微熱が引かないのならば別の場所で施術を受けた方が良いでしょう。

 

特に、無資格者による間違った処置を受けていると微熱や発熱の原因になりやすいみたいなので、信頼できるところをインターネットで探すべきです。

 

公式サイトで施術をしている人の資格が記載されていれば安心ですし、実際に施術を受けた人の口コミや評判を確かめてみるのも選択肢の一つかもしれません。

 

柔道整復師やマッサージ師の国際資格にはそれぞれの法律があるものの、カイロプラクティックやエステティックでは資格は有さないので、店舗選びが最も重要だとお分かり頂けるはずです。

 

もちろん、マッサージを受けることで新陳代謝がアップして全身の血液の循環が良くなり、今まで体内に滞っていた老廃物や毒素が流れ出し、微熱が引き起こされることもあります。

 

施術者の処置が間違っていなくても、個人の体質によっては発熱が生じてしまうことがあるのです。

 

それでも、資格を持たない者による処置で身体が危険に晒されるリスクがある以上、慎重に施術を受ける場所を決めるようにしましょう。

 

まあ、どのような状態にしても微熱が出ているのは体内でウイルスと闘っている証拠で、大きな病気を患っているわけではないので安心してください。

 

無理に内服薬を服用して熱を下げようとすると、ウイルスと闘っている免疫機能の働きを低下させる原因となるため、十分に注意しなければならないのです。

 

2日や3日程度ならばまだしも、数日間から数週間に渡って微熱が引かない時は別の病気が考えられるので、早めに病院を訪れて専門医による診察を受けてください。

 

 

 

 


「微熱の原因」に関するページ