微熱を放置するとどうなるの?

 

 

微熱を放置するとどうなるの?

「微熱を放置するとどうなるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

基本的に微熱程度であれば大きな病気の可能性は低いですし、自然と熱が下がって平熱に落ち着いていることが多いのです。

 

部屋の中が暑かったり、外の気温が高かったりという周りの環境の変化によって体温は不安定になりやすいので、多少の微熱であればあまり気にする必要はありません。

 

「そのうち治るだろう」と放置している人が多いはずですし、37℃程度の微熱が出て大騒ぎし、病院へと駆け込むような心配症の人は恐らく少ないはずです。

 

しかし、微熱以外の症状も併発していたり、あまりにも長い期間に渡って微熱の症状が続いている場合は、放置せずに原因を突き止めた方が良いのではないでしょうか。

 

体調不良や風邪で微熱が出ることは良くありますが、その背後には思いもしなかった病気が潜んでいる可能性も十分にあるのです。

 

 

 

微熱に加えて胸の痛みを感じる⇒目に関する不快な症状が引き起こされる胸膜炎(きょうまくえん)の疑いがある

 

微熱に加えて腰に重苦しい痛みを感じる⇒細菌感染が原因で血尿や混濁尿が生じる腎盂腎炎(じんうじんえん)の疑いがある

 

微熱に加えてだるさや疲労感を感じる⇒心臓の内面膜の炎症である心内膜炎(しんないまくえん)の疑いがある

 

微熱に加えて手が震えたり眼球が突出したりする⇒甲状腺ホルモンが過剰に作られて動悸や息切れが生じるバセドウ病の疑いがある

 

微熱に加えて関節痛が引き起こされている⇒自己免疫疾患の一つで全身に様々な症状が生じる全身性エリテマトーデスの疑いがある

 

 

 

上記のように、微熱を放置したことで他の症状も身体に引き起こされているのであれば、病気を患っている可能性があります。

 

ただの風邪による微熱であれば放置しても自然と回復していきますし、解熱剤を服用すれば1日や2日で落ち着くはずです。

 

しかし、何かしらの病気を発症しているのであれば、胸の痛みや手の震えといった症状も併発しやすいため、自分の身体にどのような症状が引き起こされているのかきちんと確認しなければなりません。

 

中には、自宅での処置で症状が回復しない場合がありますし、大きな病気を患っていれば当然のことなので、少しでも自分の身体に異変を感じたら病院へと足を運ぶべきです。

 

どのくらい放置すれば良いのか目安は設定されていないものの、微熱が1週間程度続くようであればお近くの病院を受診して専門医に相談してみてください。

 

 

 

 


「微熱に関する疑問」のページ