微熱は何度のことを指しているの?

 

 

微熱は何度のことを指しているの?

「微熱は何度のことを指しているの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

一般的に、表面体温が37℃を超えた辺りから微熱だと考えている方は多いものの、人によって異なるのが正解で、平熱よりも高い体温が微熱だと定義されているのです。

 

37℃前半で「微熱が出た」「早く治さなければ」と焦るかもしれませんが、平熱が36℃後半の方であればそこまで違いはありませんし、これだけでは微熱とは言えません。

 

とある調査結果によると、健康な成人の体温は口の中で測定して36.4℃から37.2℃だというデータがあり、これを元に考えるのであれば、37℃前半から38℃までが微熱だと言えます。

 

しかし、高齢者の方は平熱が低いという特徴があり、常に35℃後半という方もいらっしゃるので、そのような方にとって36℃後半でも十分に微熱ですし、身体が辛くなることもあるのです。

 

また、1日のうちでどの時間帯に測ったかによって体温は微妙に異なり、どんな体質の方でも朝方は体温が低くなり、夕方になるにつれて徐々に上がっていくという特徴があります。

 

これは自然の範囲内での体温の上下で、夕方に体温を測定して微妙に微熱のラインだったとしても、その他に頭痛や倦怠感といった症状が引き起こされていなければ、解熱剤を飲む必要はないのです。

 

それに、体温の測り方によっても何度か変わるという特徴が人間にはあり、「脇の下用」「口用」「耳用」といったように、現在では様々な種類の体温計が販売されております。

 

手足や顔といった表面の温度は、外界の気温による影響を強く受けるのですが、身体の内部の温度は臓器の働きを活性化させるために高く安定しているため、測定する場所によっては微熱だと勘違いすることがあるのです。

 

昔から体温は脇の下で測るように親から言われていた方は多いはずですが、これは脇の下に動脈が通っており、最も深部体温に近いからだと説明できます。

 

以上のように、「○○℃〜○○℃だと微熱」と決まっているわけではなく、個人の平熱や測定方法によって定義が異なるということがお分かり頂けたはずです。

 

それに、仮に微熱が出ていたとしても、健康を維持する上で深部体温で38℃、表面体温で37℃程度がベストな状態と言われており、低すぎても高すぎても新陳代謝を活発にすることはできません。

 

体温が低すぎるとウイルスをやっつける免疫機能の活動が抑制されてしまうので、体温の低下を防ぐためにも筋肉量を増やす努力をしてください。

 

 

 

 


「微熱に関する疑問」のページ