微熱で痩せるの?

 

 

微熱で痩せるの?

37℃から38℃以内の微熱が続くと脱力感を覚えることが多く、食事が喉を通らないというケースもあるため、痩せるという方は多くいらっしゃいます。

 

毎日の食事量が減れば体重が落ちるのは当然のことですし、微熱が続いている期間が長ければ長いほど、痩せるのはそこまで珍しいことではないのです。

 

とは言え、ごく一般的な微熱の症状であれば、何週間にも渡って続くということは少ないですし、安静にしていれば2日から3日で治ります。

 

他の病気が引き金になって微熱が出ていないのであれば、わざわざ病院で診察を受ける必要はありませんし、少し体重が落ちて痩せてしまったとしても、食欲が元に戻れば体調も回復するはずです。

 

しかし、微熱が1週間以上に渡って続き、いつまで経っても食欲が元に戻らず、体重が落ち続けているという方は少々注意した方が良いかもしれません。

 

女性であれば、「何もしなくても痩せることができるから自然とダイエットになる」と考えるかもしれませんが、病気による体重減少は非常に危険です。

 

食事量を制限したり、運動を取り入れたりして体重を落としていくのであればまだしも、1日に必要な栄養分を摂取しない日々が続けば、免疫力が落ちて他の病気を患う原因ともなります。

 

食欲不振によって痩せることができたとしても、自分の体調が悪化してしまっては意味がありませんし、それが安全な方法ではないということはお分かり頂けるはずなので、直ぐに病院で診察を受けて対処しなければならないのです。

 

特に、思春期の女子であれば、極度の不食と高度の痩せを伴う神経性食思不振症の可能性が高く、世界的に増加傾向にあるというデータがあります。

 

摂食障害のような症状だと考えると非常に分かりやすく、神経性食思不振症を患うと食べ物を食べることへの恐怖感が徐々に進行し、食事を拒否することで体重が減少し、身体の抵抗力が落ちて微熱が出るという流れです。

 

ダイエットをしているかと思えば、拒食の反動で急にたくさんの食べ物を食べることがあり、意識的な嘔吐が続いたらこの病気を疑った方が良いかもしれません。

 

このような精神的な病気を患っている場合、微熱だけの症状では済まないケースが多いですし、医師の力を借りなければ改善することはできないはずなので、早めに病院を受診して対策を練るべきです。

 

微熱の状態が何日間も続いていれば、正常な状態だとは決して言えないので、他の病気が引き金になっていると考えた方が良いでしょう。

 

 

 

 


「微熱に関する疑問」のページ