微熱と脱毛

 

 

微熱と脱毛について

一口に薄毛と言っても脱毛症には様々な種類があり、個人によって引き起こされる症状には違いが生じております。

 

そこで、どのような脱毛症で悩む可能性があるのか、以下をチェックしてみましょう。

 

 

男性型脱毛症:AGAと呼ばれており男性ホルモンのDHTが原因で抜け毛や薄毛の症状が悪化する

円形脱毛症:頭皮が円形状に脱毛する病気で精神的なストレスが引き金となって生じる

脂漏性皮膚炎:頭皮に引き起こされた皮膚炎が引き金となって脱毛が生じる

びまん性脱毛症:女性が引き起こしやすく頭皮全体のボリュームが低下する

休止期脱毛:毛髪が抜けやすい休止期の毛包の割合が増えることが原因

ひこう性脱毛症:頭皮に発生したフケが毛穴の中に詰まることで薄毛の原因となる

 

 

もし、抜け毛が増えて脱毛の症状が悪化しているだけではなく、微熱が引き起こされているような人は円形脱毛症が考えられます。

 

基本的に、脱毛と微熱には大きな関係性はなく、両方の症状が同時に生じるケースは少ないのではないでしょうか。

 

しかし、円形脱毛症で悩んでいる人の中には、甲状腺の病気や膠原病といった自己免疫に関わる疾患を持っていることが多くなっております。

 

円形脱毛症もこの自己免疫が原因だと言われており、完全には解明されておりませんが精神的なストレスによって自分の免疫が間違って正常な細胞を傷付けるのが大きな原因です。

 

その結果、頭皮の一部の毛髪が抜け落ちて脱毛が形成され、放置していると次第に広範囲に、そして脱毛の箇所が増えていきます。

 

自己免疫が崩れると「疲れやすい」「だるい」「身体が重い」と体調不良を訴えることが多く、微熱が出たとしても決して不思議ではありません。

 

円形脱毛症の患者さん全てが微熱で悩まされるわけではありませんが、症状の進行を食い止めるためにも早めに病院へと受診するべきです。

 

円形脱毛症の場合、AGAによる薄毛とは違って自然に回復するケースも多く、「気付いたら脱毛がなくなっていた」という患者さんもいらっしゃいます。

 

とは言え、単発型ならばまだしも、脱毛斑の結合が細長に「蛇行型」や、頭部全体に症状が広がる「全頭型」、眉毛やすね毛など体毛が抜け落ちる「汎発(ばんぱつ)型」へと発展することもあるのです。

 

症状が重くなればなるほど治りにくくなるのは間違いないので、円形脱毛症に気付いたら自然回復を目指すのではなく、病院を受診して適切な治療を行ってください。

 

 

 

 


「微熱と肌荒れ」に関するページ