術後の微熱

 

 

術後の微熱について

病院で自分に引き起こされている病気を治療するために手術を行い、術後に微熱が出て不安になる方はいらっしゃいます。

 

「手術が失敗したのではないか?」「病気が治っていないから術後に微熱が出るのではないか?」と考えてしまうのは仕方ありません。

 

しかし、術後に微熱が出るのは身体に異常が引き起こされているからではなく、普通の出来事なので特に心配する必要はないですし、手術が失敗したわけでもないのです。

 

特に、全身麻酔を打って手術を行ったという場合、滲出液や壊死組織の吸収をするために発熱が生じ、この現象は吸収熱と呼ばれております。

 

全身麻酔を打った患者さんは高確率で吸収熱を引き起こし、48時間後がピークになりやすいので、術後に微熱が出るという仕組みです。

 

どんな体質の方でも、術後に微熱が出るのは不思議ではありませんし、全身麻酔を使った以上、それは仕方のないことなので、ベッドで安静にして過ごしていれば特に問題はないでしょう。

 

微熱以外にも吐き気が催されていたり、全身の疲労感が酷いという場合は、医師に相談して今の症状を少しでも良くするために、何かしらの対処をしてもらうべきです。

 

それに、微熱程度の症状であれば、術後ではなく日常生活において引き起こされやすい現象ですし、死に至ることは基本的にないので、安心して良いと説明できます。

 

もちろん、重大な病気の初期症状として微熱が引き起こされているケースもゼロではありませんし、自宅で安静にしているだけでは治らないかもしれないので、専門医の診察を早急に受けなければならないのです。

 

また、術後に微熱が出るという方は、全身麻酔の影響ではなく、ストレスによる心因性発熱の可能性もあります。

 

精神的なストレスにより体温が上昇するのが心因性発熱の大きな特徴となっており、病気の治療のために手術をしようとしている方は、何日間も病院のベッドで安静にしていなければならないので、活動的なタイプの方はイライラしてしまうはずです。

 

そのイライラが体温の上昇という形になってあらわれたと考えるのが妥当で、ストレスが解消されれば自然と体温は下がり、微熱も気にならなくなります。

 

現代社会のストレスが生んだ病気は意外と多く、うつ病や不安障害、自律神経失調症といったように、様々な種類があるのです。

 

微熱といった軽い身体的な異常で済めばまだ良いものの、治りにくいうつ病を患うと、数年間に渡って苦しむこともあるので、普段からリフレッシュを心掛けるようにしてください。

 

 

 

 


「微熱と時間帯」に関するページ