微熱とブルフェン

 

 

微熱とブルフェンについて

非ステロイド系消炎鎮痛剤 (NSAID)のイブプロフェンと呼ばれる成分が含まれた内服薬がブルフェンで、解熱や鎮痛作用を持っております。

 

ブルフェンには炎症を鎮める効果があるため、微熱にも効き目があるというわけです。

 

イブプロフェンは市販薬の痛み止めにも配合されている成分なので危険性はありませんし、副作用が少ない点が大きな特徴かもしれません。

 

微熱だけでブルフェンを服用する必要はないものの、以下のような病気を患った際に、医師から処方されることがあります。

 

 

・関節リウマチ

・遠心性環状紅斑

・多形滲出性紅斑

・結節性紅斑

・頸腕症候群

・背腰痛

・神経炎

・関節痛

・子宮付属器炎

 

 

外傷後の消炎や鎮痛としても効果を発揮するお薬で、場合によっては微熱が続くことがあります。

 

微熱が続いて身体がだるいと感じるのならば、ブルフェンを服用して症状を緩和させるべきです。

 

ただし、ブルフェンはあくまでも対処療法薬なので、痛みや熱の原因そのものを治療することはできず、個人の病気に合わせた対策が必要となります。

 

上記のような病気を患い、ブルフェンを服用しているだけで治るわけではないので、専門医の指示に従って治療を進めていきましょう。

 

また、安全性が高いとは言っても、ブルフェンは内服薬という点では変わりなく、副作用のリスクがあります。

 

これは全ての医薬品に該当する話なので仕方がないものの、ブルフェンの服用によって胃部不快感や食欲不振、吐き気や嘔吐、蕁麻疹や湿疹といった症状が引き起こされることがあるのです。

 

「微熱が下がらない」「喉が痛い」という症状でブルフェンを服用し、思わぬトラブルが引き起こされたのならば早めに医師に相談した方が良いでしょう。

 

副作用が引き起こされているのにも関わらず、その医薬品を服用し続けるのは少々危険ですし、個人の体質とマッチしていない可能性も十分にあります。

 

稀に、アナフィラキシー様症状やネフローゼ症候群など、重大な初期症状が出ることがあるので、自分の体調を良くチェックしながら内服を続けることが大事なのです。

 

ブルフェンの説明書では、「消化性潰瘍がある」「重篤な血液の異常が見られる」「重篤な肝障害が腎障害が見られる」「重篤な高血圧症を患っている」「アスピリン喘息を患っている」という方は服用してはいけないと記載されておりました。

 

微熱が下がらないからといって自己判断で内服薬を服用していると、思わぬトラブルが引き起こされるかもしれないので、医師の指示をきちんと守るようにしてください。

 

 

 

 


「微熱を薬で」に関するページ