微熱と解熱剤

 

 

微熱と解熱剤について

37℃台の微熱が引き起こされていると、頭痛が酷くなったり身体がグッタリとしやすく、この状態が続くと勉強や仕事に身が入らないため、解熱剤を服用しようと考える方はいらっしゃるはずです。

 

解熱剤とは、その名の通り上昇した体温を通常の状態まで戻してくれる医薬品で、アミノピリンやフェナセチン、キニーネといった製品が有名となっております。

 

病院を受診して診察を受けなくても、現在でもドラッグストアで何種類もの解熱剤が販売されているので、微熱が出た時に服用すれば症状を改善できるというわけです。

 

製品によって様々な成分が解熱剤の中には含まれており、サリチル酸系の薬は解熱作用の他にも鎮痛作用があり、アニリン系の薬は鎮痛作用がない変わりに即効性があります。

 

微熱だけが出ているというケースは意外と少なく、風邪を引いているのであれば酷い頭痛に悩まされるかもしれないので、そのような方にはサリチル酸系の解熱剤が適しているかもしれません。

 

体温が上昇したままの状態を維持するのは意外と辛いですし、市販で販売されている解熱剤には特に大きな副作用がないため、気軽に服用できるというメリットがあります。

 

しかし、医薬品の効能に頼りすぎて、微熱が少しでも出たら解熱剤で体温を抑えるという対処はやめた方が良いですし、逆に症状が悪化することもあるのです。

 

そもそも、私たちの身体が発熱するのは病原体に対する免疫反応が働いているからで、体内に侵入したウイルスと必死に戦っているがゆえに体温が上昇します。

 

つまり、解熱剤を使って一時的に体温上昇を防いで微熱を解消したとしても、ウイルスがやっつけられていなければ一定時間が経過した後に、また体温は上昇するでしょう。

 

微熱が続いた状態が私たちにとって辛いということは間違いありませんが、ウイルスにとっても辛いことは一緒なので、解熱剤で無理に下げるとウイルスにとっても身体の中で居心地が良くなり、体外に排出されなくなってしまうのです。

 

解熱剤の種類によっても異なりますが、基本的に免疫反応自体を抑制することで体温を下げているため、逆に病期が長引くという事態も十分に考えられます。

 

それに、医師の指示に従わずに自分の判断で幼児に解熱剤を服用させると、インフルエンザ脳症の発症率が高まったり、致死的な全身疾患を引き起こすライ症候群を患うリスクが上昇するのです。

 

38℃を超えるような高熱を出しているのであればまだしも、微熱だけで無闇に解熱剤を服用するのは逆に危険なので、他の方法を使って症状を和らげるようにしてください。

 

 

 

 


「微熱を薬で」に関するページ