微熱と漢方

 

 

微熱と漢方について

微熱を下げるために漢方薬を服用しているという方は意外と多く、体質改善を図るには最適な手段だと説明できます。

 

微熱を直接的に下げるような漢方はありませんが、鼻水や喉の痛みといった風邪の症状に効き目のある漢方は幾つかあるので、使用する価値は大いにあるというわけです。

 

体質改善によって漢方薬を服用し、鼻や喉に引き起こされている症状を改善すれば、自然と微熱も下がっていくのではないでしょうか。

 

漢方は病気の種類によって選ぶのではなく、個人の体質によって適したものが異なっており、自分の体質に合ったものを医師に処方してもらえば、ありとあらゆる症状の改善に繋がります。

 

例えば、その一つが冷え性や肩こりで、これらの症状を改善する有効な治療法はなく、西洋医学ではお手上げです。

 

しかし、漢方薬を服用することで、自律神経の働きを高めて血流悪化を防ぎ、同時に体温調節機能を整えて微熱を改善できるため、とても効果的な方法だと説明できます。

 

また、風邪を患っていると微熱だけではなく、頭痛や動悸といった症状も引き起こされやすく、症状が幾つか重なると西洋医学による治療だけでは治せないかもしれません。

 

これらの症状は明確な病気が原因で引き起こされているわけではなく、ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れによって生じるため、漢方薬の服用が実に適しているというわけです。

 

他の医薬品と比べて、漢方薬は副作用のリスクが少なくて比較的安全なので、不快な症状に悩まされているという方は、専門医に処方された漢方を使ってみるのが良いでしょう。

 

素人では、どの漢方薬が適しているのか判断することはできないのですが、このページでは微熱の症状に効き目のあるものを幾つか紹介しているので、是非参照してみてください。

 

 

 

五苓散(ごれいさん)・・・・喉の渇きや下痢の症状が引き起こされている時に効き目がある

ヨクイ仁湯(よくいにんとう)・・・・関節リウマチによる微熱の症状を抑えられる

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)・・・・体内の血の巡りを促せる

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)・・・・動悸やめまいの症状を緩和できる

加味帰脾湯(かみきひとう)・・・・過度のストレスが原因で生じる心因性発熱に効果的

冠元顆粒(かんげんかりゅう)・・・・頭痛や肩こりといった痛みの症状を和らげる

桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)・・・・虚弱体質で冷え性の方に効果的

六君子湯(りっくんしとう)・・・・食欲不振や脱力感といった症状を伴う方に適している

 

 

 

 


「微熱を薬で」に関するページ