微熱とロキソニン

 

 

微熱とロキソニンについて

微熱が続いて苦しいという方には、市販薬の一つであるロキソニンが適しており、第一三共ヘルスケアから販売されているこの鎮痛剤は、意外と有名なのではないでしょうか。

 

幾つかの種類に分かれておりますが、ドラッグストアに行けばロキソニンは販売されておりますし、簡単に手に入れることができます。

 

ロキソニンの主な効能は痛み止めで、関節痛や頭痛、歯痛や腰痛といった症状に効き目があり、風邪を患うと微熱とともにこのような痛みが引き起こされるので実に効果的なのです。

 

微熱で体温が上昇して頭がボーっとなり、頭痛で頭が重いような感じがいつまでも続いていると勉強や仕事に集中できないはずなので、市販で販売されているロキソニンを服用するのは一つの選択肢だと言えます。

 

この医薬品の中には、ロキソプロフェンナトリウム水和物という成分が配合されており、これを体内に取り入れることで痛みや微熱を引き起こしている原因物質を抑え、鎮痛効果や解熱効果を発揮するという仕組みです。

 

成人でも1回当たり1錠でかなりの効き目がある医薬品ですし、眠くなる成分は含まれていないので、車の運転前のボーっとした感じを取り除きたいという時にも適しております。

 

また、成分が体内に吸収されてから変化して効能を発揮するプロドラッグ製剤なので、胃への負担が少ないと言われているものの、ロキソニンを服用して絶対に副作用が引き起こされないというわけではありません。

 

どんな医薬品でも基本的に副作用はあり、ロキソニンの副作用としては食欲不振・むくみ・発疹・嘔吐・アナフィラキシー様症状・息苦しさ・倦怠感・脱力感・筋肉痛・水ぶくれなどが挙げられます。

 

ドラッグストアで販売されているロキソニンなのか、医師の処方によって手に入れたロキソニンなのかによって異なりますが、医薬品である以上は、何かしらの副作用のリスクがあることを心得ておいた方が良いでしょう。

 

それに、これはロキソニンに限った話ではありませんが、微熱が出ているからといって直ぐに医薬品を服用するのはやめた方が良いですし、逆に他の身体的な症状が引き起こされる原因となります。

 

発熱は起因菌が体内で悪さをしているから生じているというわけではなく、体内でウイルスと免疫機能が戦い、生体の防御反応として引き起こされているのです。

 

つまり、無理矢理医薬品で体温を下げると、ウイルスと戦う力が弱まってしまうので、できる限り解熱剤に頼らないようにしてください。

 

 

 

 


「微熱を薬で」に関するページ