10代の微熱

 

 

10代の微熱の原因は何?

10代の思春期に微熱の症状で悩まされるという方は意外と多く、何が原因なのか疑問を抱えるかもしれません。

 

基本的に微熱はどの年代の方でも引き起こす症状ですし、必ずしも病気が絡んでいるとは言い切れないのです。

 

それでも、10代の若者は微熱を中心とする体調不良が引き起こされやすく、思い当たる原因について以下では簡単にまとめてみました。

 

 

・成長ホルモンの分泌量の増加によるホルモンバランスの変化

・精神的なストレスが溜まることによる心因性発熱く

・交感神経と副交感神経の自律神経が乱れる自律神経失調症

・単純に日常生活の中で疲労が溜まっている

・慢性的な睡眠不足によって疲れが回復できていない

 

 

10代の微熱にはこのような原因が考えられ、ホルモンバランスの変化が最も大きな要因かもしれません。

 

男子でも女子でも身体が大人へと成長するために成長ホルモンの分泌量がこの時期には多くなり、女子の場合は生理も深く関係しています。

 

ただでさえホルモンバランスが崩れやすい状態なのにも関わらず、10代は些細なことで敏感になりやすい年頃なのでストレスが溜まると微熱などの体調不良で悩まされやすくなるのです。


10代の微熱の効果的な対策方法は何?

以下では、10代の微熱の効果的な対策方法を幾つかご紹介しているので、「身体がだるい」「身体が重い」と実感している若者は一度実践してみましょう。

 

 

・夜更かしを避け、とにかく睡眠時間をたっぷりと取って休息する

・自律神経を整えるためにストレスを発散して溜め込まないようにする

・ぬるま湯を湯船の中に入れて数十分間程度半身浴をしてリラックスする

・無理に食べ物を身体に詰め込むのではなく、食べられるもので栄養補給を心掛ける

・症状が加速するまで風邪薬や解熱剤はなるべく服用しない

 

 

確実な微熱の対策方法というわけではありませんが、このような方法で微熱の症状は少しずつ落ち着いてきます。

 

10代の思春期の場合は身体の変化で一時的に体調不良が引き起こされているケースが多く、無理に医薬品を服用していると症状の悪化に繋がるかもしれません。

 

「熱が出ている=薬で下げれば良い」という考え方は間違っており、規則正しい生活を送って免疫力を高めるケアを徹底的に行わなければならないのです。

 

あまりにも長期間に渡って微熱が続くという場合、何かしらの病気を患っているかもしれないので、自己判断で対処しようとするのではなく病院を受診して専門医の指示を仰いでください。

 

 

 

 


「微熱と年齢」に関するページ