微熱と赤ちゃん

 

 

赤ちゃんの微熱の原因について

赤ちゃんの微熱の原因は色々と挙げられますが、まず初めに大人とは違って体温が上がりやすいということを心得ておかなければなりません。

 

赤ちゃんの平熱は37.4℃までとされているので、大人と比べて明らかに高いですし、37℃前後あったとしても、微熱ではないと考えられます。

 

それに、寒暖の変化によって体温が上下しやすいという特徴もあり、これは大人と比べて体温調節機能が未熟ということが大きな原因です。

 

衣服を着させれば体温は自然と上がって微熱のような感じになりますし、エアコンの効いた部屋で長時間に渡って過ごしていると低体温に陥ります。

 

つまり、僅かな体温の上昇で微熱気味だったとしても、赤ちゃんがピンピンとしていれば病気にかかっているわけではありませんし、そこまで深刻に考える必要はないでしょう。

 

一時的に赤ちゃんの体温が上がったとしても、半日程度経過すれば自然と下がっていくはずですし、平熱に戻れば小児科への受診は必要ないと説明できます。

 

しかし、次第に熱が上がってくるようであれば、何かしらの病気が原因かもしれないので、赤ちゃんが元気な様子だったとしても念のために病院を受診させるべきです。


赤ちゃんの微熱の対処法について

上記でも説明したように、赤ちゃんは大人とは違って平熱が高い特徴があるので、微熱があったとしても特別な対処法は必要ないと説明できます。

 

ウイルスによる感染症の可能性もあるので、微熱を放置しても良いというわけではありませんが、赤ちゃんが元気であれば病院を受診したとしても、「そのまま様子をみましょう」と言われるはずです。

 

それに、私たち人間には元々免疫系という防衛機構が備わっており、何かしらのウイルスが体内に侵入した際に、身体を守るために働いてくれます。

 

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんはその免疫系はまだ未熟で、細菌による悪影響を受けないために母親の身体から抗体をもらっており、そのお陰でしばらくの間は外敵から守ってくれるのです。

 

その抗体の効果が薄れるのが大よそ生後6ヶ月程度だと言われており、何回も細菌やウイルスと戦って免疫系を発達させているため、微熱が生じるのは成長の証だと言えるでしょう。

 

つまり、自然と微熱のような状態になるのが赤ちゃんの特徴で、この際に解熱剤や抗生物質といった医薬品で無理に熱を下げるのは間違った対処法なのです。

 

解熱剤を飲ませたことにより、免疫系がしっかりと働かなくなり、逆に病気を患いやすくなるかもしれないので、十分に注意しなければなりません。

 

とは言え、微熱を放置すれば良いというわけではないので、脱水症状を引き起こさないように小まめに水分を与え、安静にさせるという対処を行うべきです。

 

「嘔吐を繰り返している」「グッタリとしていて意識がない」「呼吸が苦しそう」という症状の場合は、早めに病院に連れて行ってください。

 

 

 

 


「微熱と年齢」に関するページ