更年期の微熱

 

 

更年期に微熱が続く時はどうしたら良いの?

女性のライフサイクルの一時期が更年期で、閉経を挟んだ前後10年間のことを指しております。

 

女性の身体は40歳を迎えた辺りからだんだんと卵巣の機能が衰え、閉経を迎える前後の更年期はホルモンバランスが乱れやすく、微熱状態が続くことがあるのです。

 

もし、40代から50代にかけての女性が、「風邪を引いているわけではないのに熱っぽい」「微熱は続くけれど高熱は出ない」という症状に悩まされているのであれば、更年期が原因だと考えた方が良いでしょう。

 

卵巣機能が低下すると、女性らしさを保つために欠かせない女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下し、心身に様々な不調が来たされるという特徴があり、微熱もその一つとなっております。

 

この時期に生じる身体的な症状や精神的な症状のことを総称して更年期障害と呼び、微熱だけではなく高血圧や息切れ、動悸や頭痛、イライラ感や不安感など個人によって引き起こされる症状には違いがあるのです。

 

このような症状はホルモンバランスの乱れに加え、自律神経の乱れが大きく影響しており、更年期障害の場合はだるさを伴う微熱が長期間に渡って続きます。

 

微熱を下げたいからといって解熱剤を服用したとしても、一時的な対処に過ぎないので意味がありませんし、肝臓への負担も加わるので、できる限り避けた方が良いかもしれません。

 

とは言え、更年期障害による微熱を放置していると、ストレスの影響も加わって更に自律神経に乱れが生じ、他の症状も重くなるかもしれないので、専門医療機関を受診するべきです。

 

医療機関では、血液の中のホルモン量を検査し、その後に婦人科検診を行って、必要に応じて子宮がんや卵巣嚢腫の有無を調べていきます。

 

病院によっては超音波検査やX線検査を行うところもあり、更年期障害と診断されたら個人の体質に合わせて症状を改善していく治療を行うという流れです。

 

ホルモン補充療法や漢方薬を使った薬物療法や、うつ状態や不安感が強いという場合はカウンセリング、そして毎日の生活の送り方についてのアドバイスを行います。

 

更年期に微熱が続いたり、他の身体的な症状に悩まされたりするのは女性の身体の構造上仕方ありませんが、何も対処を行わなければ苦しいだけですし、個人によっては長期的に続くこともあるでしょう。

 

そのため、更年期障害の方は医師の指示に従って処方された医薬品を服用し、生活改善法のアドバイスをしっかりと受けて実践するようにしてください。

 

 

 

 


「微熱と年齢」に関するページ