微熱と卵巣

 

 

微熱と卵巣について

女性の方は卵巣と関係の深い病気を患うことがあり、微熱の症状が引き起こされるとともに、激痛とまではいかないものの身体のどこかしらに痛みが生じる場合があります。

 

卵巣の病気と一口に言っても様々な種類があるため、一概に説明することはできませんが、卵巣炎を患う女性が多いのではないでしょうか。

 

女性器官の中で最も炎症を引き起こしやすいのが卵管で、この部位はウイルスに対する抵抗力が弱いというのが大きな原因となっております。

 

そして、卵管に炎症が引き起こされ、同時に併発しやすい病気が卵巣炎で、微熱が出たり下腹部に痛みが生じたりと、辛い症状に悩まされることが多いのです。

 

卵巣炎による炎症が進行すると、女性によっては不正出血や吐き気、嘔吐といった症状が引き起こされるケースも多く、一度炎症がおさまったとしても再発して慢性化することもあります。

 

何と言っても、卵巣炎はその他の臓器と癒着するのが大きな特徴で、微熱が生じるだけではなく、月経痛が普段にも増して酷くなったり、腹痛や腰痛に悩まされたりしたら、ただの風邪ではなく卵巣炎を疑った方が良いかもしれません。

 

卵巣炎の治療は、最初に病院で血液検査や分泌物培養検査で、原因となる細菌を特定し、その後に身体を安静に保つと同時に抗生物質を服用していきます。

 

症状が慢性化した場合は、その病原菌に合った抗生物質の服用による治療が中心で、急性期の場合は入院が必要になるかもしれないので、医師の指示に従って治療を受けるようにしましょう。

 

基本的に抗生物質の服用で卵巣炎を抑えられるものの、卵管に膿が溜まったり他の臓器と癒着したりしている場合は、外科的な手術が必要となります。

 

早めに治療をスタートさせれば手術の必要性はないのですが、治療が遅れれば入院しなければならないリスクも高まりますし、子宮外妊娠や不妊の原因となるので正しい対処を早めに行わなければならないというわけです。

 

もちろん、微熱だけでこの病気を疑う必要性は全くありませんが、その他の部位に異常が見られるのであれば、放置せずに病院で診察を受けた方が良いかもしれません。

 

卵巣は女性の身体にとって欠かせない存在で、妊娠と深く関わっている排卵や、女性らしい身体を維持するためのエストロゲンといった女性ホルモンの分泌など、重要な働きを担っております。

 

その卵巣に異常が生じれば、全身にトラブルが引き起こされるかもしれないので、定期的な検査や検診を行うようにしてください。

 

 

 

 


「微熱と年齢」に関するページ