生理前の微熱

 

 

生理前の微熱の原因について

「何で生理前に微熱が出るの?」という疑問を抱えている女性の方は、少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

これは、月経周期の中で排卵後から生理前までの黄体期間に、微熱を持たせる黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されやすくなるのが大きな原因です。

 

月経が始まってから卵胞期までは、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されやすく、体温が低くなるという特徴があります。

 

一方で、生理前の黄体期間は体温が上昇して高温期に突入するので、これは身体の構造が原因ですし、微熱が引き起こされたとしても全く異常はないのです。

 

生理前は何となく身体が火照ったり、熱くなったりすることが多いですし、頭がボーっとしたような状態になりますが、生理が始まれば元通りの体温に戻るはずなので、特に心配する必要はないでしょう。

 

女性によって異なるので一概には説明できないものの、生理前は通常の状態と比べて0.3℃〜0.5℃くらいは高くなります。

 

低温期と高温期がしっかりと分かれているのは、排卵がある証拠なので身体に異常は引き起こされておらず、無理に解熱剤を飲んで体温を下げる必要はないのです。

 

むしろ、この時期に自分の判断で勝手に解熱剤を服用したりすると、月経周期を乱す大きな原因となり、別の不快な症状に悩まされやすくなるので十分に注意してください。


生理前の微熱の対処法について

上記でも説明したように、生理前に微熱が出るのは自然な現象なので、特別な対処法を行う必要は全くありません。

 

身体が火照ってダルくなることはありますが、睡眠不足に注意してきちんと身体を休めていれば問題はないですし、生理が始まれば徐々に体温は下がっていきます。

 

しかし、ただ体温が上昇するだけではなく、「身体があまりにもだるくて震えが生じる」「倦怠感や疲労感が酷い」「イライラする」という症状に悩まされ、日常生活に支障が出るようであれば生理前緊張症候群(PMS)の可能性が高いです。

 

ホルモンバランスの乱れによって生じるのが生理前緊張症候群(PMS)で、個人によって異なる症状が引き起こされるという特徴があります。

 

症状やその程度は女性によって異なり、中には普通の生活が送れないという方もいらっしゃるのです。生理前緊張症候群(PMS)の完全な対処法はありませんが、睡眠や食生活など、毎日の生活習慣を見直すことで、ある程度は軽減できます。

 

数ある対処法の中でも、「身体を冷やさずに温める」という方法が適しており、身体の冷えはイライラ感を増したり、頭痛の大きな原因となったりするのです。

 

そもそも、女性は冷え性に悩まされやすい体質なので、生理前は特に半身浴を行って身体を温めたり、湯冷めをしないような対策を練った方が良いでしょう。

 

実は、身体の冷えは微熱の症状に繋がるとも言われているため、気温の低い冬場は特に注意して生活を送らなければならないのです。

 

以上のように、生理前の女性の身体は体温が上がりやすい仕組みになっており、微熱が生じたとしても早急な対処は特に必要ありません。

 

風邪なのか生理前の症状なのか分からないという方は、普段から基礎体温をノートにつけ、引き起こされている体温の変化が異常なのか正常なのか確かめるようにしてください。

 

 

 

 


「微熱と年齢」に関するページ