微熱の症状

 

 

病気による微熱の症状について

人間にとっての発熱とは、平温を0.6℃から0.7℃を超えて上昇することを指し、微熱の状態では様々な症状が身体に引き起こされます。

 

ストレスが起因となる微熱にしても、何かしらの病気が原因の微熱にしても、身体がボーっとして熱くなり、倦怠感や吐き気といった症状を伴うのです。

 

微熱を伴う病気として最も多いのが風邪で、誰でも人生の中で一度は患ったことがあるはずですし、風邪にかかったことがないという方は絶対にいないでしょう。

 

風邪は鼻や喉にウイルスや細菌の感染によって炎症を引き起こす疾患のことを指し、微熱や頭痛、全身の倦怠感といった症状に悩まされます。

 

軽度の風邪であれば何とか乗り切れますし、そのまま仕事をするような方もいらっしゃいますが、39℃〜40℃近い高熱を帯びることも少なくないため、体調管理には注意して風邪をこじらせないようにしなければならないのです。

 

また、結核菌が肺に感染して生じる肺結核や、急激な腹痛と嘔吐を伴う盲腸炎、膀胱にウイルスが侵入して炎症を引き起こす慢性膀胱炎といった病気が原因で、微熱の症状があらわれる場合があります。


インフルエンザによる微熱の症状について

インフルエンザによって引き起こされる症状には個人差があり、絶対に高熱を伴うというわけではありません。

 

確かに、普通の風邪と比べるとインフルエンザの方が感染力が高く、症状が強くなりがちなのですが、微熱だけで済むという方はいらっしゃいます。

 

特に、市販の風邪薬を服用していたり、事前に予防接種を受けたりしている方は、たとえインフルエンザに感染していたとしてもウイルスに対する免疫が強くなっているので、微熱といった軽い症状で済むことが多いのです。

 

ドラッグストアで販売されている風邪薬といった総合感冒薬には、インフルエンザによって引き起こされる症状を緩和する成分が含まれているので、頭痛や関節痛といった重い症状が生じにくくなります。

 

とは言え、微熱だけでも放置していれば数日間に渡って寝込むことがあるかもしれませんし、色々な人に感染させてしまうのは問題なので、早めに病院を受診するようにしてください。


微熱の症状は妊娠したことを知らせるサイン

「微熱が続く」「身体が何となくだるい」「寒気がする」という症状は、実は妊娠を知らせるサインとなっており、風邪と似たような症状が引き起こされます。

 

妊娠初期は受精卵が子宮に着床する頃で、体内では妊娠を持続させるために欠かせない女性ホルモンのプロゲステロンが分泌され、この影響で平温よりも高い微熱状態になるのです。

 

普段から基礎体温をチェックしている女性であれば、生理予定日になっても高温期が続けば、妊娠している可能性が高くなると自分で把握できるでしょう。

 

 

 

 


「微熱の症状」に関するページ