微熱と便秘

 

 

微熱と便秘について

「便秘と微熱や吐き気は同時に引き起こされることはあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

個人の症状によって異なるので一概には説明できないものの、便秘だけはなく他の身体症状が生じる可能性は十分にあるのです。

 

私たちが風邪を引くと、ウイルスをやっつけるために体温が上がるという特徴があり、発熱させることで繁殖を抑え、体内で免疫がウイルスと戦ってくれております。

 

これと同じように、便秘になると体内に余計な老廃物が溜まり、それを排出するために微熱を出して身体が抵抗していると考えるのは決しておかしな話ではありません。

 

そして、無駄な不要物が腸内に溜まっていれば、そこから臭いを発生させるようなガスが発生し、血液を辿って全身を巡るため、吐き気といった症状も同時に引き起こされるのです。

 

そもそも、発熱をするということは、身体がそれを必要としているわけなので、便秘が原因で引き起こされているのであれば、その便秘を解消するのが一番の解決方法だと言えるでしょう。

 

過度のストレスによって腸内環境は乱れやすいですし、女性の場合はホルモンバランスの乱れによって便秘を患いやすいので、現代人で悩んでいる方は意外と多いのです。

 

その便秘を治さず、微熱を下げたいというだけで解熱剤を飲んだところであまり意味がありませんし、肝心の便秘を治さなければ問題は解決しないと頭に入れておく必要があります。

 

個人に適した便秘の解消法は異なるので、一概には説明できないものの、適度な運動を行ったり、食物繊維を含む食事を積極的に食べたりと、日常生活と深く関わっていることは間違いないです。

 

便秘薬などで一時的にお通じを促したとしても、自分の生活習慣が乱れていては意味がないので、「規則正しい食事をとっているのか?」「定期的に身体を動かしているのか?」ということを確認しましょう。

 

寝起きに1杯の水を飲んでみたり、日頃から溜まっているストレスを解消したりと、些細なことで便秘の状態が改善される可能性は高いですし、腸内環境が良くなれば微熱が引き起こされることはなくなります。

 

また、思い当たる原因がないのにも関わらず、便秘や微熱といった身体的な症状、イライラや不安感といった精神的な症状が続く方は自律神経失調症を疑った方が良いです。

 

生活リズムの乱れや過度なストレスによって自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症を患うことによって不快な症状に悩まされやすくなります。

 

ただし、身体に悪いところが見当たらない自律神経失調症ではなく、他の大きな病気が引き金となって不快な症状が引き起こされているかもしれないので、病院での検査は欠かさずに受けるべきです。

 

 

 

 


「微熱の症状」に関するページ