微熱と寒気

 

 

微熱と寒気が続く原因について

微熱の際に引き起こされやすい症状の一つが寒気で、全身がぞくぞくと震えるような状態に陥ったことのある人はいらっしゃるはずです。

 

この微熱と寒気が続く原因としては風邪といった体調の悪化がほとんどで、何かしらの理由で具合が悪くなっております。

 

そのため、体調不良を改善して元の状態に戻れば、微熱は下がりますし寒気を感じることもなくなるはずです。

 

寒気は外気温や皮膚温の低下によって生じるわけではなく、体内に原因が潜んでいるケースが多くなっております。

 

その原因が何なのか把握すれば、不快な症状がいつまでも続くということは絶対にないでしょう。

 

また、微熱や寒気は生理前や生理中の女性が引き起こしやすいという特徴があり、他の病気と間違える方もいらっしゃいます。

 

生理前や生理中は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、体温の変化や不調に敏感に身体が反応するため、微熱や寒気が引き起こされるのです。

 

特に、排卵後から次の生理が始まるまでの期間はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加し、その作用で基礎体温が0.3℃〜0.5℃程度上がるため、元々平熱の高い女性は微熱が出たと勘違いするのかもしれません。

 

もちろん、寒気が続くようならばただのホルモンバランスの乱れではなく、体調不良を引き起こしている可能性が高いので、きちんと食事を取ったり睡眠をとったりと規則正しい生活を送るべきです。


微熱や寒気と同時に生じる頭痛や吐き気について

微熱や寒気と同時に生じやすい症状として、頭痛や吐き気が挙げられます。

 

これらの症状は深く関係しており、個人によっては複数の症状が同時に引き起こされることがあるのです。

 

一概には説明できないものの、これらの症状は生理中の女性が引き起こしやすく、生理痛や貧血を伴うこともあります。

 

ホルモンバランスの変化によって生理中は普段とは異なった身体の状態となり、高温期に突入して微熱が出たり寒気が続いたりという症状に悩まされるのです。

 

普通の女性ならば、「ちょっと具合が悪いかな〜」という程度で済むものの、場合によっては日常生活に支障を来たすことがあるかもしれません。

 

それに、生理中の一時的な症状ではなく、何かしらの病気によって頭痛や吐き気が生じている可能性も少なからずあります。

 

いつもと異なる悪寒の場合、急性灰白髄炎や豚インフルエンザ、子宮内膜炎やデング熱、溶連菌感染症といった病気が考えられるのです。

 

自分がどの症状に該当するのか素人では判断し兼ねますし、サプリメントや漢方薬で症状を和らげる対策が必要となるかもしれないので、一度専門医に相談してみてください。

 

 

 

 


「微熱の症状」に関するページ