微熱と栄養ドリンク

 

 

微熱と栄養ドリンクについて

「微熱があって風邪っぽい時に栄養ドリンクを飲んでも良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、市販の風邪薬を飲むほど体調が衰えていないという状態であれば、薬の副作用を避けるために、栄養ドリンクで回復させたいと考えるはずです。

 

栄養ドリンクの種類によって異なるので一概には説明できませんが、風邪っぽくて微熱がある時は体力が衰えており、しかも食欲がないのであれば栄養分がきちんと補給できていない可能性があるので、栄養ドリンクを飲むのは一つの選択肢だと言えます。

 

風邪を引いた時に栄養素を摂取するのは大事で、栄養ドリンクの中にはタウリンやビタミン、ミネラルなど様々な成分が配合されているのです。

 

1本で数々の種類の栄養分を補えますし、体力低下を防ぎ基礎体力を上げれば多少は元気な状態へと近づくのではないでしょうか。

 

コンビニエンスストアで販売されている製品であれば医薬部外品なので、飲んで副作用が引き起こされるということはありませんし、即効性のエネルギー源である高麗人参やローヤルゼリーが含まれた製品が出回っております。

 

副作用がないからといって、ガブガブと飲めば良いというわけではありませんが、風邪で微熱が生じている状態をサポートしてくれるはずなので、食欲がないという方は特に栄養ドリンクに頼るべきです。

 

効果の高い製品はドラッグストアでしか販売されていないものの、「ユンケル黄帝液」が人気の高い製品の一つとなっており、肉体疲労の回復や発熱性消耗性疾患の際の栄養補給と、滋養強壮が得られます。

 

30mlの「ユンケル黄帝液」1本で800円と少々値段が高く、常用するのは少々厳しいかもしれませんが、身体を元気へと導いてくれる成分がたっぷりと凝縮されているので、微熱の時に飲んでみるのが良いかもしれません。

 

ただし、栄養ドリンクであればどんな種類でも良いというわけではなく、事前にどのような成分が含まれているのかチェックする必要があります。

 

特に、微熱の症状が悪化して風邪を引き始めているという方は、市販薬にしろ医師から処方された医薬品にしろ、風邪薬を飲んでいるはずです。

 

この風邪薬の中には鎮痛補助剤としてカフェインが配合されており、栄養ドリンクの中にも眠気覚ましのためにカフェインが入っていることが多く、両方を併用すると過剰摂取に繋がります。

 

カフェインは身体に悪い影響を与えるというわけではありませんが、脳を覚醒させて眠りを阻害する特徴があり、体力が衰えている風邪の時は睡眠を取らなければならないので、カフェイン飲料はなるべく避けるようにしてください。

 

 

 

 


「微熱の対策」に関するページ