微熱と熱さまシート

 

 

微熱と熱さまシートについて

微熱の症状が辛く、身体がだるいと感じるのであれば、ドラッグストアやコンビニといった場所で販売されている熱さまシートの使用が適しております。

 

小林製薬から販売されている熱さまシートは、湿布を分厚くしたシートに水色の塗料が塗られており、これをおでこに貼り付けることで、ひんやりとした感触を得られるグッズの一つです。

 

微熱や高熱を下げるために使用する機会が多く、色々な店舗で販売されているということで、今までに一度は熱さまシートを使ったことがあるのではないでしょうか。

 

確かに、身体の内側から引き起こされている熱を、直接的に下げるような効能はありませんが、おでこに貼り付けて表面から冷やすことは可能なので、微熱状態の時に適したグッズだと説明できます。

 

濡れタオルをおでこに当てる方法とは異なり、安全な接着性の塗料がついているので動いても落ちることはありませんし、意外と長時間に渡って冷たい感触が続くということで、熱の時の辛い症状を和らげられるのです。

 

寝る時に邪魔になるということは絶対にないですし、1枚の湿布をおでこに貼り付けるだけで良いというのが、熱さまシートの大きなメリットかもしれません。

 

シートが小さく配合されているメントールの量が少ない「こども用」と、シートが大きくてメントール成分が多い「大人用」の2種類の熱さまシートが販売されており、老若男女が使用できます。

 

お手頃な価格で販売されているので、微熱症状に悩まされており、身体がだるいと感じるのであれば、この製品を使って気分を楽にするべきです。

 

ただし、あまりにも高熱を帯びている時はそこまで効き目がなく、「熱が下がるわけではない」「気休めにしかならない」という口コミもあります。

 

それに、高熱で悩まされているのであればまだしも、微熱の時はあまり無理に熱を下げない方が良く、体温が上がっているのは体内で身体がウイルスと戦っている証拠なのです。

 

つまり、微熱程度で解熱剤や熱さまシートを使って無理に熱を下げると、身体の免疫の機能が低下し、逆に頭が痛くなるといった症状に悩まされるかもしれません。

 

少しでも微熱があると、多くの方は少しでも体温を下げなければならないと感じるかもしれませんが、闇雲に下げれば良いというわけではないのです。

 

以上のように、熱さまシートは使いどころが大事で、多少の微熱の場合は水分補給などを意識して生活を送るように心掛け、インフルエンザなどで高熱が出ている時に使うようにしてください。

 

 

 

 


「微熱の対策」に関するページ