微熱とポカリ

 

 

微熱とポカリについて

微熱が出て身体がだるいという時は、大塚製薬から販売されているスポーツドリンクのポカリスエットが適しております。

 

微熱でも多少の熱がある時に水分補給を心掛けるのは良い対策の一つで、汗をかくためにもきちんと水分をとらなければならないのです。

 

特に、暑い夏場は脱水症状を引き起こしやすく、身体の水分だけではなくナトリウムやカリウムといった塩分も同時に失われてしまうため、それらを補給するという意味でもポカリスエットは適した飲み物だと説明できます。

 

実際に、脱水症状が引き起こされると、病院では水分や塩分を点滴によって血管に直接入れるという治療が行われているため、熱中症を予防するためにもポカリスエットを飲んだ方が良いのです。

 

微熱が引き起こされて身体がグッタリとしている時、多くの方は熱を下げようとして解熱剤などの医薬品に頼っているかもしれません。

 

確かに、高熱であれば解熱剤は必要なのですが、熱が生じているのは身体の防衛反応の一つで、身体の中では免疫がウイルスと必死に戦っております。

 

やたら解熱剤を服用するのは、その身体の防衛反応を妨げる結果となりますし、微熱の時は汗が出やすく水分や塩分が失われやすいため、水分補給を心掛けるのがベストな対策というわけです。

 

水道水でも問題はないものの、吸収が遅いという特徴があるので、浸透圧が調整されたスポーツ飲料の代名詞でもあるポカリスエットが良いでしょう。

 

ポカリスエットであればどのコンビニやスーパーでも販売されているので、微熱で具合が悪いという状態でも直ぐに買いに行くことができます。

 

また、同じスポーツ飲料としてはアクエリアスも有名となっており、かなり昔から世に出回っている製品ですし、有名なサッカー選手がCMに出ているので一度は飲んだことがあるはずです。

 

ポカリスエットとアクエリアスは同じスポーツドリンクということでかなり似ておりますが、100mlの中に含まれている栄養成分に違いがあり、数値はポカリスエットの方が高くなっております。

 

それに、飲む目的で適した飲料は異なり、運動をした後の疲労回復としてはアクエリアスの方が効果的ですが、微熱で体調を崩している時はポカリスエットの方が良いのです。

 

もちろん、どちらの製品も水分補給として水道水よりも適していることは間違いないので、味で選んだとしても特に問題はありません。

 

 

 

 


「微熱の対策」に関するページ