微熱を下げる食べ物

 

 

微熱を下げる食べ物について

微熱を直接的に下げるような食べ物は基本的にないものの、具合が悪いのであれば身体の抵抗力を少しでも高めるために、食欲がなかったとしても何かを身体の中に入れる必要があります。

 

解熱剤といった医薬品は、引き起こされている症状を改善してくれるものの、身体の中でウイルスと直接戦ってくれるというわけではありません。

 

それに、微熱の時はウイルスと身体が戦っている状態で、それを無理に解熱剤で下げようと試みると逆に抵抗力が下がって倦怠感や頭痛に悩まされるかもしれないのです。

 

そのため、微熱が引き起こされている時は闇雲に解熱剤を使用するのではなく、身体に良い食べ物を食べて免疫力を上げる必要があり、同時に水分補給を心掛けていれば自然と体温を下げることができます。

 

風邪を引いている時は直ぐにエネルギーに変換される食べ物が良いので、炭水化物や糖質、良質なタンパク質が含まれているものを選ぶべきです。

 

それに加え、ビタミンCを意識的に取り入れれば白血球の働きのサポートに繋がり、身体をウイルスから守るために重要な存在なので、微熱症状の緩和に繋がるでしょう。

 

また、風邪の時に体温が上がっているということで、冷たい食べ物や飲み物を摂取した方が良いのではないかと考える方がいらっしゃいますが、身体を冷やすと抵抗力が下がるので温かい食べ物を意識して食べる必要があります。

 

消化の良いお粥やうどんといった食べ物が微熱の時には最適で、子供の頃に体調を崩し、母親が作ってくれたという記憶が残っている方はいらっしゃるはずです。

 

脂っこいものでなければ、食べられるものをお腹の中に入れることが大事なのですが、他にも抵抗力を高めるビタミンAや、弱った体力を回復させるビタミンB1が含まれた食べ物を意識的に摂取していれば、体調は自然と良くなっていきます。

 

微熱や咳と言えども、症状が長引くと体力が奪われ、そのような状態で仕事や勉強をしていると効率も下がるので、できる限り早めに対処しなければならないのです。

 

そこで、具体的に微熱や風邪の時に、どのような食材を食べれば良いのか、このページでは詳しく説明しているので、是非参照してみてください。

 

 

 

卵・・・タンパク質やビタミンといった栄養素が豊富で、消化が良いので微熱の時に最適

にら・・・自律神経を刺激してバランスを整え、胃腸といった内臓の不調を改善する

ネギ・・・発汗作用のある硫化アリルが含まれており、身体を温めて発汗を促す

ショウガ・・・身体を温めると同時に、咳や鼻づまりといった風邪の初期症状に最適

リンゴ・・・甘みのあるリンゴをすりおろして食べることで同時に水分補給に繋がる

うめ・・・以前から咳止めや解熱として利用されてきたうめは、身体を温めて微熱を下げる作用がある

大根・・・消化酵素の一つのジアスターゼで消化を促進し、腸の働きを整えてくれる

みかん・・・水分補給にも繋がるみかんは、咳や痰を抑える作用がある

玄米・・・ある程度微熱の時に食欲があるのならば、玄米を使ったお粥やスープが最適

 

 

 

 


「微熱の対策」に関するページ