微熱とワイン

 

 

微熱とワインについて

ビールといったお酒よりもワインの方が健康的だという認識をしている方が多く、確かにワインの中に含まれているポリフェノールには大きな効能があります。

 

その効能を生かそうと、微熱の時にワインを飲もうとしている方はいらっしゃいますが、これはできる限り避けた方が良いかもしれません。

 

ブドウの中に含まれている成分がワインの中には入っているため、かなりの栄養分が配合されており、微熱で体調を崩した時には必要だと説明できます。

 

しかし、栄養補給は別にワインでなくとも、栄養ドリンクなど他の飲み物でも代用できますし、何よりも微熱がある状態ではアルコールをなるべく摂取しない方が良いのです。

 

体質的な影響もあるので、一概に説明することはできませんが、微熱で体調を崩している時にお酒を飲み倦怠感や頭痛、手足の痺れといった症状に悩まされたという方はたくさんいらっしゃいます。

 

飲みすぎに注意するのであればまだしも、ただでさえ弱っている身体にアルコールを入れるのは危険なので、ワインにしてもビールにしても、体調が良くなってから楽しむべきです。

 

微熱でも平温よりも高いということは、私たちの身体の中で免疫がウイルスと戦っている証拠で、どこかしらに炎症が生じております。

 

風邪を引いている時は喉に炎症が引き起こされているケースが多く、炎症反応が生じている時に温めると痛みが増すので、身体をポカポカとさせるアルコールは控えた方が良いというわけです。

 

抜歯をする前と後にお酒を飲むのを避けるように、歯科医師から言われた方は多いはずですが、これも同じように炎症の悪化を避けるためなのではないでしょうか。

 

以上のように、微熱がある時はどんなに高い健康効果や美容効果があったとしても、ワインを飲むことで症状の悪化が引き起こされるかもしれないので、できる限り避けた方が良いというわけです。

 

とは言え、体調が良い状態であればビールよりもワインの方が健康効果が高く、たっぷりと含まれているビタミンやポリフェノールによって、抗酸化作用や殺菌作用、抗ガン作用などが期待できます。

 

それに、アンチエイジングには「赤ワイン」と認識している女性の方は多いかもしれませんが、実は白ワインの中にも美容に良い成分が含まれているので、綺麗を目指している女性に欠かせないお酒なのです。

 

腸内細菌のバランスを整えてくれる有機酸は白ワインの方が多いので、便秘の解消に繋がりますし、新陳代謝を活発にして体内の不要物を体外へと排出してくれるカリウムも含まれているので、是非白ワインを飲んでみてください。

 

 

 

 


「微熱の対策」に関するページ