微熱とユンケル

 

 

微熱とユンケルについて

微熱が続き、風邪っぽい症状を患っている時に、栄養ドリンクの一種であるユンケルを飲むことで、症状を和らげられると言われております。

 

確かに、微熱が出ている時は体力が弱まっており、身体がだるくてご飯を食べられないという状態の方もいらっしゃるので、ユンケルといった栄養ドリンクを摂取し、栄養分を補給するのは選択肢の一つなのです。

 

様々な滋養強壮ドリンクの中でも、1967年に佐藤製薬から販売されたユンケル黄帝液(ユンケルこうていえき)が有名で、飲んだことがなくても一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

現在では様々な改良が重ねられており、「ユンケル黄帝ゴールド」や「ユンケル黄帝液DCF」といった名前で販売されております。

 

どの種類にしても、ローヤルゼリー由来の製品なのでビタミンやミネラルといった栄養分が豊富で、微熱で体力が弱まっている時に最適の飲み物なのです。

 

微熱だけであればまだしも、風邪を引くと食欲不振によって体力が衰え、どんどん元気がなくなって本格的な風邪へと進行するかもしれません。

 

そのような状態は直ぐにでも防がなければならないため、ユンケル黄帝液といった滋養強壮効果が得られる飲み物を飲み、体調を整えた方が良いと説明できます。

 

また、持ち運びして外出中にも摂取したいという方には、ドリンクタイプよりも粒状タイプの「ユンケル黄帝顆粒」が最適です。

 

他の製品と同じように豊富な栄養素が粒の中に詰まっているので、微熱の時の栄養補給として非常に優れております。

 

「ユンケル黄帝顆粒」の中には生薬が入っているので、漢方のような感じの製品となっており、西洋サンザシやジオウがバランス良く含まれて体調を根本的に整えることができるのです。

 

恐らく、コンビニやスーパーといった場所では販売されておらず、ドラッグストアなどで購入するしかありません。

 

しかし、タウリンやビタミンといった成分で誤魔化すような製品ではないので、安物と比べて違いを実感できるはずですし、「頭がクラクラとしていたが改善された」「飲んでから身体が温まった」という口コミを得ております。

 

しかも、1包100円とお手頃な料金設定となっており、1日に2回飲むように推奨されているので、1日に200円で体力の回復を促せるというわけです。

 

ただし、インフルエンザといった大きな病気の場合、ユンケルの製品を飲んだからといって病状が回復するわけではないので、きちんと病院を受診して診察してもらうようにしてください。

 

 

 

 


「微熱の対策」に関するページ