微熱とウイルス

 

 

微熱とウイルスについて

長期的に微熱の症状が続いているという方は、ウイルスに感染している可能性があります。

 

このように聞くと、「怖い病気なのでは?」と考えるかもしれませんが、実は咳込んだり鼻水が出たりといった風邪もウイルスの仕業です。

 

ウイルスの感染によって喉や鼻に炎症が引き起こされる病気を総称して風邪と呼んでおり、最初は微熱が生じ、症状が悪化すればだんだんと高熱を帯びていきます。

 

つまり、微熱はウイルスが引き金となっているケースが非常に多いですし、その感染を防ぐために手洗いうがいを心掛けたり、規則正しい生活を送らなければなりません。

 

規則正しい生活とウイルスの感染には、特に関係性がないと考えている方は多いものの、乱れた生活を送っているという方は免疫力が弱まる傾向があります。

 

つまり、正常な状態であれば悪さを起こさないようなウイルスだとしても、免疫力や抵抗力が弱まっていることが原因で炎症を起こし、微熱が出て他の身体的な症状に悩まされることがあるのです。

 

風邪はありとあらゆる病気の初期症状とも言われており、普段の生活に注意して予防しなければならないので、食生活の乱れや睡眠不足には特に気を配った方が良いでしょう。

 

ウイルスの感染を未然に予防していれば、風邪を引いて微熱が出ることはありませんし、今以上に健康的な生活を送れるはずです。

 

また、微熱の状態が長く続き、病院で西洋医学的な検査を行って特に異常が見当たらなかった場合は、頸部リンパ節のウイルスによる感染の可能性があります。

 

リンパ節は全身の至る部分に張り巡らされており、細菌の感染を防いだり防衛したりという働きを担っており、その一つが頸部リンパ節です。

 

頸部リンパ節のウイルスによる感染の症状としては、「微熱が長い期間に渡って続く」「西洋医学の検査で異常が出ないことがある」「全身の疲労感が続く」「側頸部に痛みを感じる」といったものが挙げられます。

 

詳しいことは未だに分かっておりませんが、ホルモンバランスの乱れや自律神経のアンバランスが引き金となっており、精神的なストレスを抱えているほど症状が悪化しやすいのです。

 

どのウイルスが原因で不快な症状によって異なるものの、病院を受診すれば抗生剤の投与といった治療が行われているので、医師の指示に従って服用して治していきましょう。

 

 

 

 


「微熱とウイルス」に関するページ