微熱とヘルペス

 

 

微熱とヘルペスについて

微熱が続き症状が改善されないという方は、もしかしたら口唇ヘルペスの可能性があります。

 

口唇ヘルペスは唇や口の周りに小さな水ぶくれが生じる病気で、60歳以上のほとんどの日本人が感染していると考えられているのです。

 

20歳から30歳の若者でも口唇ヘルペスに感染しているというケースはあり、口唇がムズムズとしたり白っぽいかさぶたができたりという身体的な症状に加え、微熱が生じることも十分にあります。

 

口唇ヘルペスの感染経路としては、唾液による直接的な接触が挙げられ、親子の間で子供の時に感染し、大人になってから発症するというケースも少なくありません。

 

口唇の辺りに水泡が形成されればヘルペスの典型的な症状ですし、微熱が出たり喉が痛くなったりという状態であれば、普通の風邪の可能性は限りなく薄いので、口唇ヘルペスを疑った方が良いというわけです。

 

放置しても時間の経過によって症状は改善され、ニキビや吹き出物が治るように肌から消えていくことも十分にあります。

 

しかし、個人の体質によっては再発を繰り返すことがありますし、自然治癒任せでは症状の悪化が長引き、跡になって消えないこともあるので、口唇ヘルペスはきちんと病院を受診して治療していかなければならないのです。

 

専用の治療薬できちんとしたケアを行っていれば、口唇ヘルペスはそこまで怖い病気ではないですし、1週間や2週間程度で改善されれば微熱が悪化して風邪の症状も同時に患うことはないでしょう。

 

とは言え、口唇ヘルペスは感染力が強く、このウイルスが付着した指で身体の至る部分を触ると、水ぶくれが広がって重症化するかもしれないので医薬品を使った対処は欠かせないというわけです。

 

口の周りにボツボツができていると見た目のイメージが悪いですし、接客業をしている方や女性の方は直ぐにでも改善したいと考えるはずなので、病院で抗ヘルペスウイルス剤を処方してもらうのが適しております。

 

抗ヘルペスウイルス剤は病院を受診しなければ購入できない内服薬で、ゾビラックスやバルトレックスが実に有名な医薬品です。

 

下痢や頭痛といった副作用が引き起こされる可能性がありますし、元々微熱の症状が出ているという方は、更に熱が高くなるかもしれないので、医師の指示に従って服用しなければなりません。

 

また、市販で販売されている薬も実は口唇ヘルペスの治療には有効で、「アブレバ」や「アビラレックス」といった外用薬を肌に塗り、症状を抑える努力を行ってください。

 

 

 

 


「微熱とウイルス」に関するページ