微熱と免疫力

 

 

微熱と免疫力について

微熱が出て身体のだるさが続くという方は、免疫力が落ちている可能性があり、身体が弱まったことで発症しているというケースは十分に考えられます。

 

免疫力の低下により、些細なことで身体は疲れやすくなりますし、風邪を引きやすくなるので、微熱の症状も引き起こされやすいという仕組みです。

 

もちろん、慢性疲労症候群といった原因不明の病気を患っていることもあるので、病院で精密検査を受けた方が良い場合もあります。

 

しかし、自宅で免疫力を高める対処を行っていれば、風邪の症状を未然に予防できるので、自分の生活習慣を見直すのはとても大事なことなのです。

 

そこで、このページでは、普段の生活で免疫力を高め、風邪を予防する方法を幾つかご紹介しているので、実際に試してみてください。


41℃程度のお風呂に入ろう

41℃程度のお風呂に入るのは、免疫力を高められる最適な方法の一つとなっており、これは体温が上昇することによって体の防御機構が強まるからです。

 

38℃を超えるような高熱を帯びている場合は、入浴は避けた方が良いかもしれませんが、微熱程度の症状であれば免疫力を高めるために、半身浴を行うのは効果的な方法だと説明できます。

 

体温が37℃台の時に、Tリンパ球といった免疫細胞が一生懸命働くようになり、風邪のウイルスを退治しようと頑張っているので、実はこの状態をキープするのが大事なのです。

 

現代人は、エアコンの普及やストレスによって、低体温の方が実に増えており、これはライフスタイルの変化によるものなので避けられないかもしれません。

 

しかし、体温が1℃下がるだけで人間の免疫力は30%も低下してしまうため、冷え性で悩まされている方は特に、夏場でも冬場でもお風呂に入って身体を温めるケアを行うべきです。


足湯を行おう

微熱で身体がだるく、ちょっと体温が高いという方は入浴ではなく、足湯がおすすめとなっております。

 

自宅で足湯を行う方は少ないかもしれませんが、「身体の末端の足を温めて血流を改善できる」「肝臓といった内臓の働きを促せる」「体力の消耗を防ぎながら冷え性やむくみを解消できる」という効能があるのです。

 

下半身の血流を良くして新陳代謝を良くすれば、自然と免疫力は上がっていきますし、自然と風邪やインフルエンザの予防に繋がります。

 

体調が芳しくない時に無理に全身浴を行うと体力が奪われてしまうため、必要に応じて足湯を毎日の生活に取り入れてみましょう。


質の良い睡眠をとろう

睡眠不足によって人間の免疫力は低下する傾向があるので、質の良い睡眠を心掛けるのは大切です。

 

「お仕事が忙しい」「プライベートが忙しい」ということで、寝不足の状態が続いている現代人の方は多いかもしれません。

 

しかし、寝不足が続けば判断力や集中力は鈍り、免疫力も低下して微熱を始めとする風邪を患いやすくなるので、たとえ心労で眠れないとしても身体を横にして休めた方が良いです。

 

睡眠時間の長さはもちろんのこと、質が悪ければあまり意味がないので、快眠を得られるように枕といった寝具の種類に気を配ったり、ストレスを溜め込まないというケアが大事だと言えます。

 

 

 

 


「微熱とウイルス」に関するページ